困った時に超便利!工場短期バイトって実際どうなの?

遊ぶお金がないときは

ふとしたときに残金を確認すると、「残りってこれだけ!」「もうすぐ旅行もあるのにどうしよう!」なんて経験はありませんか?
そんなときに便利なのが短期バイト。イベントスタッフやコールセンター、デパートなどの特設売り場の販売員など職種は様々。
その多くは派遣システムで、1社に登録し、そこから要望にあった仕事を紹介してもらえます。
日払い、週払い、月払いと給与制度も選ぶことができる会社も多く、「週末のお金がない!」などにも対応してくれます。

様々な職種があるなかで根強く需要があるのが工場の派遣アルバイト。接客業ではないので外からはわからないことが多いのも本音。
そこで今回は工場派遣バイトの実情を少しだけご紹介します!

短時間で勤務できる?

用事を済ませてから働きたい。放課後暇な時間を使いたい。なんて方も多いかと思いますが、工場のバイトはフルタイムが多いのが実際のところ。朝8時や9時から仕事が始まり、夕方には終わるといった派遣先が多いです。なので工場のバイトと自分の予定との調整が必須です。

テキパキ仕事をしないといけないイメージ

ベルトコンベアーでの流れ作業で自分のペースで仕事ができないのでは?と不安に思う方もいるかと思いますが、全てそうというわけではありません。
ひたすら段ボールを組み立てる作業や、言われたものを取ってくる作業など仕事や派遣先はたくさんあるので、登録先の方としっかり話し合ってから仕事を決めるのが重要になります。
そのときに、「テキパキしている」や「同じ作業の繰り返しがいい」など自分の性格や条件を何個か挙げていると仕事が見つけやすくなります。

次の週末は工場でバイト!

お金が足りない!新しい色んなことをはじめてみたい!と思った方はぜひ週末に工場バイトを始めてみませんか?

製造に特化した工場の求人サイトには多くの仕事が掲載されており、未経験者でも採用する事業者があります。