歯科衛生士とは?どのようにしてなるの?

歯科衛生士は歯科助手とは異なり、患者さんお口の中に直接触れ予防的な処置をすることができます。患者さんのお口の中が健康でいられるようにお手伝いをすることが主な仕事内容になります。歯科衛生士になるには、厚生労働省と文部科学省の指定する教育機関で3年間勉強をして国家試験に合格しなくてはいけません。国家試験の合格率は、毎年100パーセントに近い数値を出していますから、学校でのカリキュラムをしっかりこなすことが合格への近道と言えそうです。診療室での仕事内容は、患者さんの歯石を取ったり、虫歯予防のフッ素を患者さんの歯に塗布をしたり、または正しい歯の磨き方を指導したりなどということが主になります。その他、ドクターのアシスタント、日々の診療が円滑に行われるようにするための様々な補助的な仕事があります。

歯科衛生士として活躍する場所

大多数の歯科衛生士は歯科医院での仕事に従事しています。その他に保健所、総合病院、大学病院の口腔外科、歯科衛生士教育機関など就職口は多岐にわたります。老若男女問わず患者さんと接する毎日ですので、適度なコミュニケーション能力がある人や健康に関心の高い人などに適正があると言えます。また、長時間の診療に耐えられるような体力も必須となります。近年では、訪問歯科を採用している歯科医院が増えそれに伴い歯科衛生士の仕事にも広がりが求められるようになりました。高齢化社会になり、老人や体の不自由な人のための診療補助や口腔ケアなどさらなる期待が寄せられています。

歯科衛生士の転職では、勤務地や勤務時間、給料など、幅広い条件による求人探しが可能なため、希望条件に合った職場を見つけられます。