家賃や光熱費はどうなっているか

仕事をするとき、通常は自宅などから職場に通勤をします。交通費などが出されるところもあるので、通勤の費用の負担は減らせます。しかし仕事をする時点で住むところがない状態だと、新たに住むところを探したり、家賃などを支払わないといけません。そのどちらも解決できる方法として住み込みの仕事があります。仕事の提供だけでなく住むところも提供してもらえるので、今住むところがなくても仕事ができます。それぞれの仕事で住むところは異なります。職場の敷地内に居住スペースが用意されているときもあれば、近くのアパートやワンルームマンションなどを会社名義で借りて使わせてくれるところもあります。家賃や光熱費はどうなるのかを確認しておくと良いでしょう。

リゾートバイトや新聞配達などが知られている

夏休みや冬休みは学生にとってはかなり自由な時間になります。大学の授業がありませんから、アルバイトなどをして過ごした方がいいでしょう。その時に選ぶと良いのがリゾートバイトです。リゾート地は季節によってお客さんが多くなるので、それに対応するための従業員を募集してくれます。地元の人ではなく、都市部に住む大学生などを採用してくれ、住むところも用意してくれます。住み込みの仕事としては、新聞配達なども良く知られています。朝が早い仕事なので、職場と住むところが同じだとかなり働きやすいです。奨学金をもらいながら働く人もいます。その他、寮を持っている工場等があります。大手自動車工場などは期間工などを寮付で募集しています。

従業員の福利厚生に力を入れている企業は、社員寮の求人情報を積極的に出しています。特に調理技術が優れている人は、即戦力として活躍することができます。