内定につながる英文履歴書を作成するには?

履歴書の役割を心得ておく

履歴書とは事実に基づいて求職者の学歴や職歴、資格などが明瞭簡潔に記載された文書のことです。英文履歴書の場合は、A4で1から2ページが基本ですよ。採用する側は、応募者を評価する際に、履歴書に書かれた内容を判断基準にします。そのため、実績やスキルはより具体的に相手に伝えることが大事ですよ。また、経験やスキルが他の志願者と同じ内容であったと想定して、用語選択やフォーマットの工夫をすることが重要でしょう。印象に残り読みやすい履歴書に仕上げておくことは必須になります。履歴書とは、採用する側にとって、この人を面接したい、この人を採用したいと思えるものでなければならないのでよく覚えておきましょう。

最短時間で最大限の情報を読み取れるように

優れていて読みやすい履歴書を作成するもう一つの目的は、採用する側に自分の実践的な能力を履歴書という作品を通して伝えることにあります。提出した履歴書の内容がよく整理されていて読みやすいものであれば、情報整理能力と表現力が高く評価されるでしょう。また、洗練された文章と構文で書くことにより、語彙力や作文力が高く評価されます。履歴書とは一つのビジネス文書だと思い書いていく必要があり、この文書こそが、社会人としての自分の基本的な能力や心構えを示すわけです。最大限の情報を瞬時に読み取ってもらえるように必要記入事項の漏れがないようにし、アピールポイントとなる経歴、資格、スキルを記入しましょう。また簡潔に表現されているかをチェックすれば問題ありませんよ。

面接を英語でするなら言語力はもちろんですが、話しぶりやジェスチャー、顔の表情など全体でのコミュニケーションスタイルを観察するとより参考になります。