保育士は慢性的な人手不足?!必要とされている潜在保育士とは?!

保育の現場は人材を求めています

子どものことが大好きな人にピッタリな仕事と聞かれ、一番に思いつくのは保育士の仕事ではないでしょうか。保育士の仕事は子どものお世話をするだけではなく、集団生活の中で協調性を芽生えさせるなど、子どもの成長を促す役割も担っています。しかし実際の現場での仕事はこれだけにはとどまりません。保育園で行われる運動会や発表会などのイベントの準備や、毎日の生活日誌の作成、遠足の準備や下見など、保育士の仕事量はかなりのものです。元気いっぱいの子どもたちのお世話をするだけでも大変なのに、他にもこれだけの業務をこなさなければならないので体力的にもたない人も出てきます。保育の現場は女性が中心に活躍しているということもあり、結婚・妊娠・出産などを機に退職してしまうことも少なくありません。定期的に退職者が出る保育園も多く、現場は常に人手不足に悩まされています。

必要とされる潜在保育士

前述したような理由で退職した保育士や、保育士の資格を持っているのに保育士として働いていない人のことを潜在保育士と呼びます。全国の自治体や各保育園では、この潜在保育士の存在に注目しています。潜在保育士の中には保育の現場への職場復帰を願いつつも、子育てや親の介護のために正社員として働けずに悩んでいる人もいます。そのような人達のために保育園によっては短時間勤務の制度を充実させ、フルタイム以外の勤務形態で働くことができる環境を整えています。潜在保育士の職場復帰が広がれば、保育の現場の人手不足はある程度解消されるでしょう。

保育士の求人を大阪で探しているなら最適です。求人の件数が多いので選択肢が豊富です。また、大阪は電車やバスなどの鉄道網が発達していますので、通勤しやすいというメリットがあるからです。