マンスリーマンションを利用してプチ移住実現

バイトで貯めたお金で夏休みに1か月移住

大学生とは、バイトをしている人の場合、結構たくさんの資産を持っている人がいるものです。そして、夏休みはバイトに明け暮れるのもよいですが、就職が決まったような場合は、大学4年生の夏くらいは長い夏休みに関して別の過ごした方をしてみるのもよいものです。そして、おすすめであるのが、自宅や実家でダラダラ過ごすのではなく、バイトで貯めたお金を使って自分が住んでみたかったところにマンスリーマンションを借りて1か月のプチ移住をしてみるという形です。マンスリーマンションなら、ホテル的な反面もあり家具家電は設置済みで光熱費も部屋利用料に含まれますので、バッグ一つに色々なものを詰めて簡単にプチ移住が出来ます。なお、就職先が決まっている場合は、退職しない限り、勤務地付近からは離れられなくなりますので、どうせなら近くではなく出来るだけ遠くの憧れの地に住んでみるのがおすすめです。

別荘を買うのではなく、マンスリーマンションを借りる

富裕層にとっては別荘をもち、避暑地・避寒地として1年のうちの一時期だけ、その地で過ごすというのは憧れのライフスタイルとなっています。しかし、別荘とは税金などの維持費がかかるほか、雑草の処理など色々と大変な問題があり、買ったあとに良いことばかりがあるものではありません。それに対してマンスリーマンションは税金や雑草処理など一切必要なく、住みたい時に手ぶらに近い状態で住みたい場所に住めるというメリットがあります。そのため、潤沢な資金を築いた後で夫婦揃って仕事を引退したようなかたで、日本全国の色々な所に住んでみたかたは、別荘は買わず、マンスリーマンションを借りて猛暑・極寒の時期に他の地域に一時的に住む形もおすすめです。

旅行で綺麗なホテルに宿泊するのも楽しいですが、マンスリーマンションを利用するのも楽しいです。駅の近くにあったりして観光に便利がだったりします。食事も現地のおいしいものを食べるの事が楽しみのひとつです。