面接の対策にこだわって就職活動を始めよう

内定を得るための面接のコツ

就職活動を進めるうえで、面接の際の礼儀や受け答えの仕方に関しては、採否を左右するポイントとなるため、前もって何度もシミュレーションをすることが大切です。特に、面接の出来不出来を重視する企業の数は年々増加しているため、周りの応募者に差をつけるために、十分にビジネスマナーを身につけることがおすすめです。また、面接の際に聞かれることの多い質問事項としては、過去の業務経験や志望動機などがありますが、なるべく担当者にわかりやすく伝えることを心がけましょう。その他、企業によってはエントリーシートなどの内容をもとに面接が行われることもあるため、企業ごとの傾向を探りながら、十分に対策を立てることが肝心です。

面接重視の企業の採用試験を受ける際の注意点

面接重視の企業の採用試験を受けるにあたっては、志望動機や長所、短所などをハッキリと答えることはもちろん、書類選考の時点からポテンシャルの高さをきちんとアピールすることが大切です。内定が決まるまでに複数回の面接が行われる企業は少なくありませんが、各企業の事業内容や職種について、前もってきちんと把握をしておくことで、やる気を評価してもらうことも可能です。また、採用試験における面接のウェイトは企業によって大きな差がありますが、特に最終面接の際に内定後の希望を伝えることがポイントです。なお、面接の際に聞かれやすい質問に関しては、就職情報誌などで紹介されることもあり、日ごろから役立つ情報を仕入れることが効果的です。

就活の面接で、面接官がチェックするポイントは学生の元気さです。はきはきと受け答えすることで、相手に良い印象を与えることが出来ます。