こんな年齢でも転職できる?医師の転職事情を知ろう!

医師の転職は年齢不問

医師が転職をしたいと考えたときに年齢が気にかかってしまうことがあります。一般的な業界では40代になるとやや転職が難しくなり、50代ともなるとほとんどできなくなる傾向があるのは確かです。しかし、医師の場合には基本的には年齢不問で求人が出されています。これは医療現場では経験とスキル、知識があることがとても重要になるからです。50代になるまでずっと医療現場で働いてきた医師であれば関連する業務に携わる限りは問題なく活躍できると見込むことができます。そのため、年齢よりもキャリアがあって戦力として十分かどうかが重視されるのです。50代になってから転職している人も決して少なくはなく、さらには定年退職後に求人を探して再び働いている人もいます。

キャリアがなくても仕事がある

キャリア重視の業界ということを知ると、離職してずっと働いていない状態で40代、50代となってしまうと仕事がないのではないかと考えるのももっともなことです。しかし、実際には医師免許を持っているとキャリアがなくても求人に応募することができます。未経験可、年齢不問という仕事もかなり多く存在しているのです。病院やクリニックで最先端の仕事をする人材として採用されることはあまりありませんが、医師としての資格があると採血などの特別な作業ができるため、献血や血液検査、健康診断などの現場で重宝されています。そのため、中高年になってしまったけれどやはり働きたいと考えたら求人を探すと採用される可能性が十分にあるのです。

非常勤の求人を探しているならチャンスです。特に、医師を非常勤として募集している求人は多いので、プライベートの都合に応じて選べます。報酬やシフトについて、十分に確認しましょう。